スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期的には経済が成長していく理由

市場はなんだかはっきりしない動きをしていますが、そんなことはほおっておいて、今回は長期的な視野で見れば経済は成長していくと考えられる理由を書いてみます。
多少の認識違いや理解不足があるかと思いますが大目にみてください。
すごく大雑把に書きますので、ニュアンスを感じ取っていただければ幸いです(w

なぜこんなに悲観的ななかで、将来的には経済は成長していくと考えられるのか、その一番の理由は「人口が増えていくから」です。
我が国日本の人口はどんどん減少していますが、世界全体でみれば今現在も人口は増え続けています。
人は生きていく限り必ず消費をしますので、消費をする人間の数が増えていくのであれば、長期的に見て、経済は必ず成長していくと考えられます。

また、戦後の成長期の時、世界の全人口の中で、資本主義市場に参加している人は、正確な数字は忘れましたがざっくりいって(おいおい)半分くらいでした。
それが今、ほとんどの国が資本主義に参加してきています。とにかく、一昔前とは比べものにならないほどとんでもない規模の需要が出来上がりつつあるわけです。

今現在市場はすっかり弱気になっていますが、このまま十年、二十年先を見て、商品やサービスが求められないこんな状態が続くとは考えにくい! …と、思いませんか?


それと、これは経済の成長と直接に結びつくことではありませんが、主要国の「なにかあると通貨を大量発行してしまう病」が止まらないことも軽視できません。
米ドルはむかーしむかし、いつでも(貴金属の)金に交換することができました。
なので、人々は安心してドルを使っていたわけです。それが、ニクソンショックによって、金と交換できなくなり、お金は単なる「約束」になってしまいました。
その結果、国は「いくらでも紙幣を印刷できる権」を手にいれたのでした。

ジンバブエの例でもわかるとおり、紙幣を刷れば刷るほどその通貨の価値は減っていきます。それがこのブログでいう「悪いインフレ」になるわけですが、どの主要国もその方向に進んでいるように思います。
今は刷っても刷っても個人は手に入れた「お金」を仕舞い込んでしまうのでその兆候は見えません。
が、状況が改善し人々の購買意欲が上がり持っているお金を使い出したら、必ずこの「なにかあると通貨を大量発行してしまう病」の後遺症が表面化すると思います。
それを考えると、今、全ての資産をお金として所持することに不安を感じます。


以上が、僕が今安心して投資を勧められる理由なのですが、もちろんこれらがいつ表面化するの? と聞かれても、全く全然、一切わかりません。これっぽっちも予想つきません。
なので、短期よりも長期的な視野で投資することを勧めるわけです。
長期投資家にとっては、今株価がどんな動きをしようが、関係ないのです。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : めざせ経済的自由!
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

yaochin

Author:yaochin
「自分のため」「家族のため」
そしてちょっぴり「日本のため」に、
投資を学ぶブログです。

再開しました。
過去の記事以外は一度全部消去します。
休止中は全くこのブログを見ておらず、コメント等に返信できずに申し訳ありませんでした。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
応援してます!
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。