スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期投資ってこういうこと?

長期投資というけれど、いったいどのくらい保有していれば長期投資になるのだろう?
といった疑問を持ったことはありませんか?

僕自身、そのへんを明確に理解していませんでした。なので、昔の記事でも、長期投資という言葉を使うのに違和感があり、「無期限投資」という言葉を使ったことがあります。
今日はそのへんを考えてみたいと思います。

長期投資という言葉が使われるとき、多くの人たち(たとえば僕)は株等を持ち続ける期間の長さをいうのだと受け止めます。
しかし、実際、ただひたすら持ち続けるという手法を使っている投資家は、僕が思うに限りなくゼロに近いのではないでしょうか。
投資したその全てを半永久的に持ち続けることを長期投資というなら、『スノーボール』を読む限り、ウォーレン・バフェット氏ですら、長期投資家には当てはまらないと思います。

そこで昔、僕は苦し紛れに、「ある(良いと思った)銘柄を、安くなったら(支えるつもりで)買い、高くなったら(欲しがっている人にあげるつもりで)売って、長期間応援しつづけること」を長期投資というのではないか、と書きましたが、自分で書いておきながら微妙な違和感を感じていました。

結論を言いましょう。
もしかすると、「保有する期間」ではなく、「長期的な視野で物事を見る投資家」のことを、長期投資家と呼ぶのではないでしょうか。
こう定義すると、今現在「長期投資家」と呼ばれている有名人のほとんど全てが当てはまるんです。
バフェット氏を筆頭にね。

そしてこう定義するならば、僕は自信を持って、長期投資家を目指す! と言えます。
もし保有しつづけることを長期投資というなら、僕のやりたいこととは微妙に違うので、断言できませんからね。まあそのときはやはり「無期限投資」という言葉を使うでしょう。


日経平均が10000円を超えたとき、市場は過熱しているという声が多く聞こえました。
そして実際今、再び下落しています。
しかし、リーマンショック前、13000円台の時に、多くの個人投資家が「今買わずにいつ買うんだってくらい安いぞ」と言っていたことも、忘れてはいけないと僕は思います。

一万ちょいだって十分安いって。日本株は。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : めざせ経済的自由!
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

yaochin

Author:yaochin
「自分のため」「家族のため」
そしてちょっぴり「日本のため」に、
投資を学ぶブログです。

再開しました。
過去の記事以外は一度全部消去します。
休止中は全くこのブログを見ておらず、コメント等に返信できずに申し訳ありませんでした。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
応援してます!
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。