スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期…うーん、長期

ウォーレン・バフェット伝記「スノーボール」を読み始めてから、長期投資の「長期」について考えるようになりました。

まあ前々回からの続きなんですが、これも「資産運用」と「資産形成」で分かれると思います。

まず「資産運用」の代表的な行為は、何種類かのインデックスを組み合わせてアセットアロケーションを作り、定期的にリバランスをしてその比率を保ち続けることです。
このことから、「資産運用」では続けることが大事なので、やはり持ち続ける期間を指して長期投資と表現していると言えます。

次に「資産形成」では、純粋にその時に安いと思えるモノを買う。言い換えればその価値よりも低い価格がついているモノを買い、価値以上の価格がついたら売ることが中心になるので、期間ではありません。
買った半年後でも、自分で出した価値よりも高い価格がつけば、長期投資家たちは売ることでしょう。
逆に、どれだけ時間がかかってもかまわないよ、という気持ちで買っている。
しかも、皆が今現在の不況に怯えているときに、次の好況のことや、そのまた次の不況のことを考えて買っている。
つまり、長期的な視野を持って物事を考えて投資をしている。
このことから、「資産形成」では「推測力」を指して長期投資と表現していると僕は考えます。

極論すれば、インデックスをやっている人は持ち続けることが「長期投資」であり、個別株をやっている人であればきちんと価値を(自分なりに)出して売買することが「長期投資」であるのではないでしょうか。
アクティブ投信? うーん、そのファンドマネジャーに信じて託しているわけですから持ち続けることが長期投資なのではないでしょうか。


「スノーボール」読み終わりました。前に漫画版のウォーレン伝記みたいなのを読んだことがあるのですが、同じ出来事でも書き手によってこうも違うものか! と思えるほど、こっちのウォーレンのほうが人間くさい(w
投資に関してはもちろんですが、特にアメリカの歴史に関してもウォーレンを通して知ることができて、とても興味深かったです。
今本当に、極端な恐慌やインフレ時のことを知りたい。その時人々はどんな行動をとったのか、とか。僕自身はインフレやバブルとかを体験したことがないので、そういった意味でも「スノーボール」は有益でした。

また、伝記って、人の一生じゃないですか。なので、最後のほうはどの伝記も「死」であふれていて、読むといつも「死」について考えてしまいます。「スノーボール」も例にもれず、最後のほうはウォーレンとともに生きてきた人たちの「死」であふれており、一人せつなくなりました。


ずいぶん更新があいてしまいました。ぶっちゃけ、長期投資をしてると恐ろしいくらいに投資行動というものをしないので、書くことないんです(w
来年からは、こんな更新頻度でいくことになると思いますが、細く長く続けていきますので今後もよろしくお願いします。
間違いなく来年も日本にとって良くないことしか起こらないでしょうが、皆様には幸せが訪れますように(w
よいお年を。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : めざせ経済的自由!
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

yaochin

Author:yaochin
「自分のため」「家族のため」
そしてちょっぴり「日本のため」に、
投資を学ぶブログです。

再開しました。
過去の記事以外は一度全部消去します。
休止中は全くこのブログを見ておらず、コメント等に返信できずに申し訳ありませんでした。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
応援してます!
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。