スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い企業ってなんじゃろね

投資とは? について、今現在考えていることを。

過去の記事も読んでいる方にとっては繰り返しになってしまいますが、僕は投資行動を「資産運用」「資産形成」「投資」の3つに大きく分けています。
で、最新の解釈は以下のとおり。

資産運用…購買力を維持する行為。(市場全体に分散する)

資産形成…購買力を維持しつつ、その本来の価値よりも低い値がついているモノのみに集中する行為。(様々な金融商品の中から、その時点で安くなっているモノの比率を高くする)

投資…購買力を維持しつつ、その本来の価値よりも低い値がついていて、なおかつ、良いと心から思える企業にのみ集中する行為。

こんな感じです。
あくまでも僕が個人的に考えていることです。
どう解釈されてもかまいません。訳わかんなかったらすいません。読んでいる方の「投資とは」という疑問の一助になれば幸いです。


で、こっからが本題。
じゃあ、良い企業ってなんでしょう?

いろいろ考えたのですが、多分企業の存在意義って大きくこの3つだと思うんですよ。
?世に役立つ製品やサービスを提供する
?雇用を創出する
?成長や存在維持のための投資で需要を生み出す

?は少しわかりづらいでしょうか。企業が設備投資をしたりすると、そういう設備を供給している企業が潤う、ということです。
この3つをまとめて、このブログでは「付加価値」と呼びます。

この付加価値を生み続けることが企業が存在するための最低条件だと僕は考えます。

そうすると、欧米などのいわゆる「市場原理主義」の悪いところは、
利益を重視しすぎて付加価値が軽視されるところ
と言えそうです。

途上国のコーヒー農家からコーヒー豆を3ドルで買って、自国で300ドルで売る。そしてコーヒー農家極貧生活、経営者ウホウホ、みたいなね。

そうすると、いわゆる日本的な経営の悪いところは、
仮に赤字を垂れ流しつづけたとしても付加価値を維持しようとするところ(しかも思っているほどその付加価値は高くない)
と言えそうです。

説明…いらないですよね。

てーことは、良い企業ってこの逆で、『付加価値≦利益』な企業と言えるのではないかな、と。
付加価値を生み出し、きちんと会計に則って純利益を出して、長期金利くらい(欲を言えば+1%くらい?)の配当をくれて、それで最低でも収支トントンなら守ろうよ、みたいな感じ。

逆に言えば、赤字を何年も出し続けるような企業は仮に失業者があふれることになったとしても潰そうよ、とも言えるのですが、これって、厳しいかなぁ?


ここで僕が重要だと思うのが、こう定義すると、資産形成のほうが投資より儲かってもおかしくないのですよね。
でも、僕はそれで良いと思うのです。(リターンでいうところの)ダイヤモンドを探す必要はない。そうしたい人は、そうすれば良いだけの話で。
バフェットの第一原則「損をするな」
アメジストを、その本来の価値よりも低い値段で買えれば、それで十分投資だと、思うんですけどねぇ。
スポンサーサイト

テーマ : めざせ経済的自由!
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

yaochin

Author:yaochin
「自分のため」「家族のため」
そしてちょっぴり「日本のため」に、
投資を学ぶブログです。

再開しました。
過去の記事以外は一度全部消去します。
休止中は全くこのブログを見ておらず、コメント等に返信できずに申し訳ありませんでした。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
応援してます!
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。