スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その2・投資するべき時期

どんな優良株でも、買う時期を誤れば損します。
逆に優良株じゃなく、ふつ〜の企業だって、買う時期すら正しければまず損はしません。

つまりはこうです。銘柄選択よりも資産構成のほうが大事。
僕の感覚で言えば銘柄選択3割。資産構成7割です。
つまりいつ、資産の中の株の割合を増やすか。通貨の割合を増やすか。債券の割合を増やすか、なんです。

で、今回は、株を買う時期について詳しく書きます。

応援したい、支えたいと思える企業が見つかったら、まずは心の中で応援してましょう。
ある日、その企業にとって良からぬことが起こります。そうすると、大抵ガクッと株価が下がります。
簡単に言えば、そんな時です。

また僕の例で書きます。
東日本大震災の直後は、本当に日本の危機だと思いました。
日本株の下落も半端ありませんでした。なんで売るのか。皆、結局、自分のことしか考えてないんです。
自分の資産が減るのが嫌だ。日本なんかどうでも良いからとにかく損切り。現金確保。
復興は誰がやるのか。物資を作るのは?輸送は?現地でまた創り上げるのは?日本の企業だというのに。
普段ですらその存在が無ければ僕らの生活は成り立ちません。この危機で、さらにその必要性が高まった状態で、なぜ売る!

今こそ僕がこれまで学んできたことを全力で行動に移す時だと思いました。投資可能額をさらに超えて、ぎりっぎりの現金を投じました。
おかげでそれからしばらく、月々の支払い等の現金の流れが冷や汗もの(良い子は真似しないように)の、非常にシビアな状態になりましたが、アベノミクスの今も株で持ち続けていて、少なくとも日経平均と同じくらいは上昇しています。

今度は、イオンを例に挙げます。
僕はこの株、ハッキリ言って応援したいというよりも、株主優待目当てで買いました。イオンの株主にはオーナーズカードなるものがあたえられてですね。半年に一度、その期間イオン系列で使った金額総額の3〜7%がキャッシュバックされるんですよ。

それで、なんと、僕はイオンをロクに調べもせずに買っています。
時期はやはり2011年の日本株総崩れの時です。その時株価は800〜
1000円。僕の購入額は約1000円。
今1300円。もういつ売っても利益でます。仮に1000円に下がっても今までの配当を考えれば預貯金よりもよっぽどマシです。

あまり褒められた例ではありませんが、買う時期さえ間違わなければ、そこそこの銘柄でもどうにかなってしまうということを分かっていただけたでしょうか。

何度も繰り返しますが時期です。時期さえ正しければ、株価はどうでもよいです。イオンでいうと、僕は1000円で買いましたが、その後800円まで下がり、アベノミクスなどという言葉が出始めるまでべったりと底を這いずっていました。
慌てず800円まで待って買えば良かったのにとかいう人がでてくるかもしれませんが、後からならなんとでも言えます。しかし、そのときそのときの底がわかる人間なんて一人もいません。
今からみれば、800〜1000円のどこで買ったって十分利益がでます。人生とともに築き上げる資産形成としてはこれで十分です。

時期の違いの見極めは、そんなに難しいことではありません。普通に暮らしていたって、一昨年あたりは景気が悪いと認識できたでしょう。
相場全体でも、個別株でも、応援して見ていれば、「あ、ここ、俺の出番かな」てのがピンとくることでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : めざせ経済的自由!
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

yaochin

Author:yaochin
「自分のため」「家族のため」
そしてちょっぴり「日本のため」に、
投資を学ぶブログです。

再開しました。
過去の記事以外は一度全部消去します。
休止中は全くこのブログを見ておらず、コメント等に返信できずに申し訳ありませんでした。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
応援してます!
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。