スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その7・資産形成と資産運用

資産形成と資産運用の違い。

収入や支出を把握して、生活防衛費を算出したら、その資産額によってやることが違います。

例えば、一年間の支出合計400万、生活防衛期間2年間と設定した人で考えてみましょう。

総資産600万円の場合・
生活防衛費が800万必要なため、200万円足りません。よって投資可能額はゼロ。
収入>支出でないなら、早急に生活改善。収入>支出ならば、まずもう200万貯蓄することから始めます。

総資産1000万円の場合・
投資可能額200万円を、債券や株式の中で、最も安く売り逃げられているものに変えます。

さてここで、この人はずっと、死ぬまで、年400万円で生きていけるライフプランの持ち主だとしましょう。
そして、この資産形成が、だいたい5年くらいで2倍になってしまうとしましょう。
そうするとこの人は、4000万円分の購買力があれば働かなくてすむようになります。
まず5年分の生活費が2000万円。投資分が2000万円。で、生活費が尽きる5年後には、投資した2000万円が倍の4000万円になっている。

ものすごくざっくりと説明しています。細かいことは気にせずに。

さあ、この人が総資産4000万円の場合・
2000万円は投資可能額です。これは今までと同じです。生活防衛費は特に必要ありません。働く必要性が無くなった今、働けなくなった時のためのお金はいりません。残り2000万円は、購買力を増やすのではなく、とにかく減らさずに維持することに全力を注ぎます。これを、資産運用と言います。

つまり、資産形成と資産運用ってのは、違うんです。

資産運用はとにかく購買力の維持を主軸に置き、得られる利子収入でインフレ分をカバーするための行為です。
よく聞くのが「日本株・外国株・国債・外国債の4分割ポートフォリオを組みましょう」といったあたりでしょうか。これに新興国とかリートとかが加わったり加わらなかったり。

これが、すごく、重要ですが、資産運用はあくまでも、「ある程度まとまった資産の購買力を維持する」ための方法です。逆に、資産が少ないときに運用するのは、これからの時代あまり意味がありません。
初めは資産形成で大きくすることに全力を注ぐべきです。

実は、一昔前までは、資産運用はほとんどの人にとって正しい選択でした。少なくとも個人的にはそう思います。
年功序列と終身雇用、昇給、退職金などの制度が国全体で機能していた時代です。
この場合、きちんと働いていれば、資産は増えていったはずです。なので、投資などで増やす必要性も低く、その購買力維持だけを考えていれば良かったのです。
それでも、多くの人が資産のほとんどを持ち家に変えてしまい、債務超過に陥ってしまいましたが…。

まとめます。
購買力を大きくしようというのが資産形成。購買力を維持しようというのが資産運用です。
今の時代、資産を多く持たない人がやるべきは、資産形成です。
すなわち、リーマンショックのようなことが起こった時は、全力で株。債券が暴落したら債券です。

これが基本的な考え方です。もちろん個人個人で状況は違うし、ここでの説明は本当に大まかな部分なので、厳密にいうと違う部分もあります。
そういった部分はこれから細かく書いていきます。
とにかく、資産運用と資産形成ってのは違うんだよ、ってことを今回覚えてもらえれば充分です。
スポンサーサイト

テーマ : めざせ経済的自由!
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yaochin

Author:yaochin
「自分のため」「家族のため」
そしてちょっぴり「日本のため」に、
投資を学ぶブログです。

再開しました。
過去の記事以外は一度全部消去します。
休止中は全くこのブログを見ておらず、コメント等に返信できずに申し訳ありませんでした。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
応援してます!
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。