スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年クレカ編成・サブその1

ヒルトン

提携カードは、特定の場所で使うとプロパーカードよりもお得で、それ場所以外では他のカードよりも還元率が低いという特徴をもっています。
とりあえずその中でも、個人的に、クレカ以外のカードをからめてこれはお得だなぁと感じる組み合わせをいくつか紹介したいと思います。

今回はヒルトン系ホテルで得する3枚のカードを挙げます。

右上が『ヒルトン・プレミアムクラブジャパン会員証』
左上が『ヒルトンHオナーズ・ゴールドVIP会員証』
真ん中が『ヒルトンHオナーズVISAゴールドカード』

まずヒルトン・プレミアムクラブジャパン(以下HPCJ)について。

この会員証は日本にあるヒルトン系ホテル(と、韓国のコンラッド・ソウル)で、宿泊や食事などで割引サービスが受けられます。
通常クレジットカードのゴールドやプラチナではホテル割引サービスがありますが、たいてい「通常料金の○○%off」といった感じです。
この通常料金というのがくせもので、基本的に高いです。なのでそこから割り引いたとしても、はっきりいって、ホテルのオフィシャルWebサイトから予約するほうが安いってことのほうが圧倒的に多いんですね。
このHPCJの場合はヒルトンの最低価格保証から、さらに20%offなので、確実にお得です。わかりやすいですね。
費用ですが、入会金は無料で、年会費が25000円です。
しかし、プラチナクラスのカード保持者には、初年度年会費無料や、初年度年会費10000円で、10000円のクーポン券をつけるといった条件で、入会しませんか?と案内を送ることがよくあるみたいです。
実際2013年で僕の知る限りでは、JCBやダイナース、セゾン等で入会キャンペーンが行われていました。
そして次年度以降は、期限内に更新手続きを行えば、年会費10000円プラス10000円分のクーポン券付きという条件で更新できるので、実質無料で持ち続けることができます。

HPCJ公式ページ

次にヒルトンHオナーズ・ゴールドVIPについて

HPCJが国内限定のサービスであるのに対して、ヒルトンHオナーズは世界中のヒルトン系ホテルで共通のメンバーズカードです。
入会は無料で、暦年ごとの宿泊実績等でブルー・シルバー・ゴールド・ダイヤモンドの、4つのランクに分かれます。
簡単に言えば、ホテルで使えるポイントカードみたいなものなのですが、上位のランクになると加えていろいろなサービスを受けられるようになります。
それぞれのランクの獲得条件は以下のとおり。

シルバー・4滞在または10泊
ゴールド・16滞在または36泊、もしくは60,000ベースポイントの獲得
ダイヤモンド・28滞在または60泊、もしくは100,000ベースポイントの獲得

当然、上位ランクであればあるほど受けられるサービスは増えます。
ゴールドで受けられる主要なサービスは「ルームアップグレード(スイートルームを除く)」「(ルームアップグレードが最上位ランクの部屋だった場合)ラウンジの使用」「配偶者無料」「朝食券無料」あたりでしょうか。
ただし、ホテルによっては(最上位ランクの部屋に宿泊する人だけが使用することができる)ラウンジがそもそも無かったり、1人でも2人でも宿泊料金が変わらなかったり(配偶者無料を使う意味がない)しますし、ルームアップグレードは当然その日の状況で空きがあれば、の話になりますので、どのサービスが受けられるかはその時その場所によって違います。

Hオナーズ公式ページ

最後がヒルトンHオナーズVISAゴールドカードです。

この提携クレジットカードの最大のウリは、ヒルトンHオナーズ・ゴールドVIP付与にあります。
上記のとおり、通常ではゴールド会員になるためには年間あたりの宿泊実績等が必要ですが、このカードは持っているだけでヒルトンHオナーズ・ゴールドVIP会員になれるのです。
年会費は13,650円ですが、このカードは三井住友が発行しているので、マイ・ペイすリボとWEB明細サービスを利用すれば7,350円に減額されます。
ポイントはHオナーズ・ポイントがつきます。一応宿泊に関してボーナスポイントがつきますが、そもそもHオナーズポイント自体価値は低いので、それはオマケ程度に考えたほうがよさそうです。
とにかくこのカードは、持っているだけでゴールドになれるというところが最大の魅力ですね。

Hオナーズカード公式ページ


2/2にヒルトン東京ベイに泊まってきました。その時受けたサービスは以下のとおり

宿泊費割引(約4000円)
駐車場無料(2800円)
子供の分の朝食券2枚(約4000円)
計10800円

ルームアップグレードが無かった(もともと最上位ランクの部屋だった)ので、その分駐車場無料になったんですかね。基準はよくわかりませんが。
維持費はクレカの年会費の7350円のみ。この他にも細かく挙げればボーナスポイントが付いたりいろいろありますが、分かりやすく金額で表せられるものだけでみても、とりあえず1泊利用すれば元は取れそうです。

テーマ : クレジットカード
ジャンル : ファイナンス

その3・成功させる二つの条件

投資を成功させる条件はとてもシンプル。そのうちの一つが「安く買って高く売る」です。しかし自己の欲が入ると、とたんに難易度が跳ね上がります。
なので、僕の結論としては、この国を良くするためにはどんな企業にがんばってもらいたいか考えて、応援買いをする、これが本当に大事です。これが無いと、暴落の中買えないです。

繰り返しますが、肝心なのは買う時期です。儲けたいだけの人は、ピンチの時ほど手のひらかえします。
そんな時に買うのは、勇気がいります。持ち続けるのも勇気がいります。僕の経験上十中八九そこからさらに下がるからです。しかも、マイナスのまましばらく動きません。
投資で成功するか否かの条件のもうひとつは、「買ったあとどれだけ下がっても、平気で持っていられるかどうか」です。

「安く買って、高く売る」とは、言いかえれば「本来の価値よりも低い値がついている時に買い、高い値がついている時に売る」ということです。
しかし、本来のあるべき価値がいくらなのかは、多分ものすごく勉強しないとよくわかりません。その会社の経営者並みに全体を把握できてないと無理じゃないかと思います。
しかし僕らには、そんなことに割いてる時間はありません。
だって人生にはもっと大切なことがありますからね。

じゃあどうするか。
かなり高い可能性で、その価値よりも低い値で売り叩かれているときがあります。もうお分かりでしょうか。
それが、その会社がピンチな時です。

「落ちるナイフは掴むな」という格言がありますが、僕の主張は逆で、掴みにいきます。
ただし、注意しなければならないことが、おそらく、当分、吐血をぶちまけたような真っ赤っかの評価損になります。
株価の底なんて、絶対に誰にもわかりません。
結果的に底で買えたとしてもそれはたまたまです。
なのでどうしても、落ちているときに掴まなければならず、掴んだナイフの多くは、その手に食い込んだままさらに奈落へとあなたを優しくいざないます。

これが最初のころは結構恐ろしく感じることでしょう。
でも冷静に考えてみれば、その会社は、あなたが絶対に世に必要だと選んだ会社です。落ち着いてみれば、その経営になにも変化はないはずです。それならば、必ず株価は、その本来あるべき価値まで戻ります。
しかも投資可能額は当分使う予定の無い、長期に耐えられるお金のはずです。ならば、人生という長期間でみれば、まず平気です。
そして、かなりの高確率でその行動に見合ったリターンをかえしてくれます。

やってみれば、この感覚がすぐわかると思います。そして、平気で買い増しができるようになりますよ。

まとめ:
成功の条件
「安く買って、高く売る」
「買ったあとどれだけ下がっても、平気で持っていられるかどうか」

テーマ : めざせ経済的自由!
ジャンル : 株式・投資・マネー

その2・投資するべき時期

どんな優良株でも、買う時期を誤れば損します。
逆に優良株じゃなく、ふつ〜の企業だって、買う時期すら正しければまず損はしません。

つまりはこうです。銘柄選択よりも資産構成のほうが大事。
僕の感覚で言えば銘柄選択3割。資産構成7割です。
つまりいつ、資産の中の株の割合を増やすか。通貨の割合を増やすか。債券の割合を増やすか、なんです。

で、今回は、株を買う時期について詳しく書きます。

応援したい、支えたいと思える企業が見つかったら、まずは心の中で応援してましょう。
ある日、その企業にとって良からぬことが起こります。そうすると、大抵ガクッと株価が下がります。
簡単に言えば、そんな時です。

また僕の例で書きます。
東日本大震災の直後は、本当に日本の危機だと思いました。
日本株の下落も半端ありませんでした。なんで売るのか。皆、結局、自分のことしか考えてないんです。
自分の資産が減るのが嫌だ。日本なんかどうでも良いからとにかく損切り。現金確保。
復興は誰がやるのか。物資を作るのは?輸送は?現地でまた創り上げるのは?日本の企業だというのに。
普段ですらその存在が無ければ僕らの生活は成り立ちません。この危機で、さらにその必要性が高まった状態で、なぜ売る!

今こそ僕がこれまで学んできたことを全力で行動に移す時だと思いました。投資可能額をさらに超えて、ぎりっぎりの現金を投じました。
おかげでそれからしばらく、月々の支払い等の現金の流れが冷や汗もの(良い子は真似しないように)の、非常にシビアな状態になりましたが、アベノミクスの今も株で持ち続けていて、少なくとも日経平均と同じくらいは上昇しています。

今度は、イオンを例に挙げます。
僕はこの株、ハッキリ言って応援したいというよりも、株主優待目当てで買いました。イオンの株主にはオーナーズカードなるものがあたえられてですね。半年に一度、その期間イオン系列で使った金額総額の3〜7%がキャッシュバックされるんですよ。

それで、なんと、僕はイオンをロクに調べもせずに買っています。
時期はやはり2011年の日本株総崩れの時です。その時株価は800〜
1000円。僕の購入額は約1000円。
今1300円。もういつ売っても利益でます。仮に1000円に下がっても今までの配当を考えれば預貯金よりもよっぽどマシです。

あまり褒められた例ではありませんが、買う時期さえ間違わなければ、そこそこの銘柄でもどうにかなってしまうということを分かっていただけたでしょうか。

何度も繰り返しますが時期です。時期さえ正しければ、株価はどうでもよいです。イオンでいうと、僕は1000円で買いましたが、その後800円まで下がり、アベノミクスなどという言葉が出始めるまでべったりと底を這いずっていました。
慌てず800円まで待って買えば良かったのにとかいう人がでてくるかもしれませんが、後からならなんとでも言えます。しかし、そのときそのときの底がわかる人間なんて一人もいません。
今からみれば、800〜1000円のどこで買ったって十分利益がでます。人生とともに築き上げる資産形成としてはこれで十分です。

時期の違いの見極めは、そんなに難しいことではありません。普通に暮らしていたって、一昨年あたりは景気が悪いと認識できたでしょう。
相場全体でも、個別株でも、応援して見ていれば、「あ、ここ、俺の出番かな」てのがピンとくることでしょう。

テーマ : めざせ経済的自由!
ジャンル : 株式・投資・マネー

その1:応援したい会社

一生をかける資産形成としての株式投資で根本的に大事なことがあります。どんなときでも絶対に忘れてはならないことです。

それは、
「自分が応援したい会社が、ピンチの時に、支える気持ちで買いを入れること」
応援したい会社とは、自分が思い描く未来を、実現してくれそうな会社のことをいいます。

僕の例を挙げます。

僕は、原発は反対です。全否定です。
調べた結果化石燃料などの、原発以外の既存の発電システムを総結集させれば、現在の電力は賄えるらしいので、どんだけコストが上がろうが一時的にそれらを使い、国力を結集させて、自然エネルギーへのシフトへ動きだすべきと考えています。

話変わって、

大震災前後の造船業界の状況は、そりゃあひどいものでした。まあ今もそんなに良くないけど。
極端な円高の中、中国や韓国とのわずかな需要の取り合いで、経営環境は相当悪く業績は下降の一途で株なんか誰も見向きもしない。いろんなところでボロックソに言われていました。
まさに、ピンチって感じですよね。

で、僕は思ったわけです。
「船が売れないなら、造船の技術を活かして、海にプカプカ浮かぶ発電所を作れば良いじゃーん」
海は太陽光や風、波、エネルギーの宝庫ですからね。

で、実際そういう動きのある企業を探して、一社見つけたので株購入。
今現在は一応プラスですが、そんなに上がっていません。
ようやくその企業のそういう技術がニュースで出始め、順調に進んでいるっぽいのでこれからかといった感じです。

といったふうに、まず自分がどんな世の中で生きたいのかをイメージして、それを実現してくれそうな、あるいはしてくれている企業を探しましょう。
断言しますが、銘柄選択の9割は、これです。(あと一割は企業分析)

自分のなかでいくつかテーマを決めると良いと思います。
僕の場合は「エネルギー」「教育」の2テーマ。あとできれば「食料」にも手を出したいのですが…。
テーマに外れるものでも、良いなと思った企業があれば調べます。

そして、これがものすごく重要なので、これからもちょくちょく言うことになると思いますが、それだけ大事なことだと受けとめて下さい。
「株を買う時は、その企業を誰も見向きもしていないときです」
これは銘柄選択よりも大事なので、後に1テーマとしてじっくりとりあげます。

まとめ:
・投資対象=応援したいかどうか
・投資タイミング=皆売っている時

テーマ : めざせ経済的自由!
ジャンル : 株式・投資・マネー

2014年クレカ編成(メイン編)

プロパー


試験勉強をしている間、当然子育てやら家事やら仕事もしていれば、とても趣味などの時間を作ることができなかったので、いつの間にやらクレジットカードオタク(通称くれオタ)になってました。
これなら日々生活に必要な買い物で決済していけば、勝手に与信枠やカードのグレードがアップしていき、あまり時間を取られずに趣味として(?)楽しむことができるので。

そして試行錯誤の末今現在のメインカードはこの3枚。
上から
セゾンプラチナ・アメリカンエキスプレスカード
シティバンク提携ダイナースクラブカード
JCBゴールド

個人的に小銭が増えるのが嫌なので、どこでも気軽に出せるようにと、プロパー(各社オリジナル)カードが多くなっていますね。

今クレジットカード会社は、ある一定の層(一言でいうとファイナンシャル・リテラシーの高い人)の顧客を囲い込むため、ゴールド以上のプレミアムカードのベネフィットを充実させる傾向にあります。
各カードごと年会費、付帯保険、ベネフィットがかなり違い、完璧なカードというのは存在しないのでどのカードを選ぶか、年会費に糸目をつけずにひたすら上位カードを目指すか、決済性を優先するか、自分に必要なサービスはなにか、その組み合わせでかなり個性がでますので、他のくれオタの組み合わせをみて参考にしたりしつつカード編成を考えるのが楽しかったりするのです。

主な使用目的、ベネフィットは
セゾン=コストコ・コンシェルジュ・プライオリティパス
ダイナース=公共料金引き落とし・コナミスポーツ・リージャス・エグゼクティブダイニング
JCB=その他普段使い

といったところです。今のところこの組み合わせで満足しています。
カードのサービスなど、実際に使った時や、これまで使ってみてわかったことなどをこれから記事にしていこうと思います。
完全に趣味なので興味のある方限定になるでしょうけれど^^;

テーマ : クレジットカード
ジャンル : ファイナンス

プロフィール

yaochin

Author:yaochin
「自分のため」「家族のため」
そしてちょっぴり「日本のため」に、
投資を学ぶブログです。

再開しました。
過去の記事以外は一度全部消去します。
休止中は全くこのブログを見ておらず、コメント等に返信できずに申し訳ありませんでした。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
応援してます!
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。